teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


暑さが続きますね

 投稿者:こーちんの庭管理人  投稿日:2019年 4月23日(火)00時13分12秒
編集済
  皆さん、こんばんは。
また暑いですね。
明日も暑いというから、しばらく薄着で良さそうです。
ただし梅雨くらいまでは急な冷え込みがあるから要注意ですね(笑)。

1枚目写真:バサバサッと飛行訓練をする夏。バンブルフットを治療中です。
2枚目写真:足指を治療中だけど、砂浴びようの穴をカキカキして掘っている夏です(笑)。
3枚目写真:生後3週間くらいのときのモミジとカエデです。産毛が生え換わっていますよ。


■くーさん、こんばんは。
お話を聞くと普通の怪我ではなく腫瘍なのかも知れません。
獣医さんじゃないと判断できませんが、確かにコッコに高度医療を受けさせる場合にもリスクがあります。
手術をするよりも温存療法の方が苦痛が緩和されて穏やかに長生きできることもあるのでしょう。
今回の夏のバンブルフットもそうですが、手術をして結果を見ないと分かりませんね。
手術して悪い結果になる場合、成功する場合、事前に分からないから判断が難しいです。

今のところ、ただの怪我の可能性もあるので、負っている傷口がよくなると良いです。
傷が治るのが早いコッコですから、(傷を発見して直ぐだから分かりませんが)暫く様子をみて治って行くようなら普通の傷だと思います。

病院情報を有難うございました。
先ほどの更新で追加させて頂きました。


■さなさん、こんばんは。
チョウゲンボウさんをお迎えするとのことで、待ち遠しいですね。
写真の子は、そこそこの大きさに見えます。
カラスサイズくらいあるのでしょうか?
大きい方が抱っこのし甲斐があって良いかも知れません。

ちなみに、椅子に座って夏やぴよ助を膝に乗せているなら大丈夫ですが、5分くらい腕に抱っこしていると重さで腕や手が痺れてきます(笑)。


■飼育初心者さん、こんばんは。
ヒヨコは生後3週間くらいで産毛から大人の羽毛に生え換わります。
3枚目に貼った写真がモミジとカエデがちょうど3週間目のものです。
もしこの写真のようなボロボロさだったら心配不要だと思いますよ。
赤ちゃんの産毛から大人の丈夫な羽毛に生え換わっている状態です。

そして、お母さんコッコのお産開始は凄く早いと思います。
巣篭りを終えてから再開まで、通常は1ヶ月以上は掛ると思います。
体力があって身体が丈夫なお母さんなのかも知れませんね。

子供嫌いの雄鶏君は可哀想だけど、仕方がないと思います。
親友なのか、隔離された雄鶏君を助けようとする相棒雄鶏君が可愛いですね(笑)。

https://www.kochins-garden.com/

 
 

産卵

 投稿者:飼育初心者  投稿日:2019年 4月22日(月)23時40分58秒
  ダニやシャンプーの話題、腫瘍やその病院の話題等々、興味深く読ませてもらっています。

さて、
題名の通り、卵を産み始めました。
ひよこが巣立つ頃までは産まないと思っていたのですが、昨朝巣箱をしきりに出入りするので、後程見てみたら、産卵してました。
子育てに、交尾に、産卵にと、大忙しのコッコ女子です(爆笑)
産んだ卵は、ひよこ達の遊び道具(笑)になってしまいそうなので、おいしく頂きました。
以前の卵は黄身がレモン色だったのですが、今回の黄身は濃い黄色でした。
米主体の餌だったのを、ひよこ誕生をきっかけに、菜物をふんだんに与えた結果なのでしょうね。

ひよこをつつく雄鶏は、ひよこの安全のため、こーちんさんのおっしゃる通り隔離しました。
游さんのアドバイスをもとに、鶏舎内を仕切りましたが、少しかわいそうな気がします。
雄鶏2羽は毎夕止り木に並んで夜を迎えていたのですが、その日は2羽共寄り添うことができず、かなり戸惑っている様子でした。
特に、隔離されていない白い尾羽の雄鶏の方が、落ち着かないようで、あたかも、黒い尾羽の雄鶏を助け出そうと、そう考えているかのような行動をしていました。

何がいいのか悪いのか、鶏社会のことなので、わたしには分かりかねますが、今日もひよこ達は、11羽とも元気よく、わんぱくぶりを発揮しています。

そういえば、3日ほど前、母鶏がひよこの背中をしきりにつついていました。
結果、ほとんどのひよこの翼と翼の間がハゲハゲになっています。羽毛を抜いているのですよね。
夕方になると、ひよこ達を引き連れ巣箱に戻り、体の下にかくまいますから、いじめているわけではなさそうですし、
何か意味があるのでしょうか?
あまりにもしたい放題なので、おしおき?、とか(爆笑)

 

おはようございます^^

 投稿者:さな  投稿日:2019年 4月22日(月)09時47分26秒
編集済
  こちらではご無沙汰しております。
昨年暮れから 鶏含む、鳥を飼おうと思い始め、暫くあれやこれやと悩んでおりましたが。
今月はじめに 猛禽類のチョウゲンボウを飼うことに決めました。
国産のものは高いので^^; 輸入されてくるコを、と決め6月~7月の間になりそうです。
アメリカチョウゲンボウか、ロシアチョウゲンボウのいずれかに決めています^^
コッコちゃんからは 猛禽なので怖い存在かもしれませんが 日本の野生でいるチョウゲンボウよりは小さいです。夏くん相手なら、簡単に踏まれるくらいかもわかりませんw
飼い方等、良く行くフクロウカフェのオーナーさんに伺っております。
ウチに来るまでに 色々下準備しながら 楽しみに待っているところです。
いつか一軒家に住むことが出来たなら、コッコちゃんを飼いたいな、を夢に^^
これからも時々 覗かせてくださいね。

写真は フクロウカフェに居る ロシアチョウゲンボウのボーちゃんです^^
(手が、私ですw)
 

(無題)

 投稿者:くー  投稿日:2019年 4月21日(日)23時51分51秒
  管理人様、こぶ平様、すぐにお返事いただきありがとうございました!
管理人様、交尾がきっかけで怪我をすることもあるのですね。
腫瘍を患っていた鶏さんのブログを教えていただいてありがとうございました。
早速拝見いたしました。
こぶ平様
患部を保護する簡単に出来るお洋服の作り方が大変参考になりました。
ありがとうございます!
これならストレッチ性のある古着で簡単に出来そうです。
コッコ仲間さんのブログも教えていただきありがとうございました!

症状内側から盛り上がるように赤くパンパンに腫れており、
自壊するように表皮が破裂して出血しているようです(T_T)
今日は血が固まって黒いフタのようになっています。
その5cm大の円盤形の腫瘍の周りの皮膚下も赤くボコボコしているので
何だか怪しいし皮膚の下で腫瘍が広がっているようにも見えます。
腫瘍は、平べったく根を張った形状だと切除が難しいようですね。
皮膚ガンだったら怖いなあ・・・いずれにしても細胞を採取して良性・悪性の判断や麻酔の危険を冒してまで切除する手術もあまりニワトリには行わないらしいです。
ボコッと飛び出た腫瘍なら切除できるそうですが・・・
教えていただいた傷保護服を着せて、温存しかないのかな。。。

管理人様、ニワトリを診察できる病院情報はありがたいですね。
東京都の鳥獣ペットクリニックさんは鳥類なら何でも(鷲でもペンギンでも)
診察できるベテラン女医さんで
とても頼りになりますよ。ぜひデータに加えてください♪
管理人様、こぶ平様、レスありがとうございました!
とりあえず出血しないよう気を配り様子を見ることにします。
 

ニワトリに詳しい病院情報を集めています

 投稿者:こーちんの庭管理人  投稿日:2019年 4月21日(日)10時27分30秒
編集済
  皆さん、こんにちは。
今日も好天で暑いくらいの陽気です。
気温20度ちょっとか、25度くらいまで上がるでしょうか。
これくらいだとコッコ達にちょうどいいですね。

先日、下記のニワトリを診てくれる動物病院Webページを作成しました。
ニワトリを診察し治療できる病院は限られます。
もし掲載されてない病院をご存じで情報提供して頂けるなら、掲示板かメールでご連絡頂けると「近くに病院がない」と困っている方の助けになると思います。
関西方面の情報が少ないので、そちらの情報も得られると全国をカバーできて充実できます。

・にわとりを診察・治療するペット病院、獣医さん
https://www.kochins-garden.com/niwatori/Kochin_Material/hospital.html

よろしくお願いします。

https://www.kochins-garden.com/

 

今日も暑い

 投稿者:こーちんの庭管理人  投稿日:2019年 4月20日(土)15時30分25秒
  皆さん、こんにちは。
現在の屋外気温は23度です。
朝からの晴天に午前中に母屋小屋の洗剤水洗いを済ませました。
強い日射しに洗った産箱と床板を乾かしていますよ。
コッコのお世話と小屋掃除に汗が流れましたね(笑)。
しばらく暑い日が続くそうです。
今日か明日に冬服を押し入れに仕舞い衣替えをする予定ですよ。

今週火曜日に夏のバンブルフットを獣医さんに診せに行って来ました。
片道30分か40分のドライブに緊張した夏です。
緊張もあって動物病院で大人しくしていましたよ(1枚目写真)。
簡単な切開手術も想定していましたが、獣医さんの判断で投薬治療になりました(2枚目写真)。
朝晩、ちゃんとお薬を飲んでくれる夏です(3枚目写真)。


■柄澤さん、こんにちは。
ほとんどのダニを1回で駆除できたのは良かったです。
犬猫ダニ駆除スプレーは、しっかり効くように作られていますね。
ある程度の安全性が確保されていますからコッコ飼育に有難い駆除剤です。
ダニの卵に駆除スプレーは効きませんから、3日後や4日後に2回目の駆除をすれば全滅できると思います。

砂浴びは、羽毛に絡み付く湿った“土”が良いです。
砂だとパラパラと落ちてしまうのでダニや汚れを落とす効果が減ってしまうと思います。
雨上がり翌日くらいの湿った土を用意できればダニ予防に効果絶大でお勧めです。


■くーさん、こんにちは。
雌鶏さんの脇腹の怪我は、雄鶏と飼育したときなら交尾の怪我が可能性が高いです。
若い雄鶏は雌鶏さんの合意を待たずに強引に背中に乗ろうとして蹴爪で脇腹や背中を裂いちゃうことがあります。
写真の怪我に酷似しています。
今回、雌鶏さんだけの飼育ですから雄鶏の蹴爪が原因であることはありませんね。
そうなると、原因が分からず、自分で怪我をするには不自然な場所です。
我が家では経験がありませんが、腫瘍の可能性もあると思いました。
こぶ平さんからのコメントが参考になりますね。
そして、みほさんが飼育されていたなっちゃん(平成25年1月11日、享年11才で旅立つ)が晩年にお尻付近に腫瘍を患っていたと思います。
http://bird.pelogoo.com/cockdoodledo/

腫瘍ではなく、何かの拍子に怪我をしただけなら良いですね。
ただの怪我なら直ぐに治ると思います。

https://www.kochins-garden.com/

 

腫瘍?かな?

 投稿者:こぶ平  投稿日:2019年 4月20日(土)10時02分42秒
編集済
  くーさん、初めまして。皆さまこんにちは。

画像を拝見しましたが、腫瘍なのか?ただの傷が広がってしまったものか?
画像では判別できないのですが、私自身経験があります。

我が家の雌鶏が昔、同じような感じになりました。
傷自体の大きさはもっと大きく酷い状態で発見しました。
画像の黒く見える部分は血が固まったものでしょうか?

我が家の雌鶏は翼で隠れる部分の脇腹に傷がありました。当初は雄鶏と飼育していたので
交尾の為に背中に乗った際に爪で傷が付きそれが悪化したものと想像しておりました。
が・・結果は原因は不明です。傷を診てくれる病院を探しましたが、なく・・たまたま
近所にあった家畜専門に診てくれているおじいさん獣医さんに診て頂くことが出来ました。

周りのガビガビになった血の塊や羽を切り、傷のかさぶたや固くなった部分も切り取る
処置をしてくれました。
痛いよ痛いよと言う飼い主の私に獣医さんはニワトリはあまり痛みに敏感ではないので
大丈夫と言われ・・・・処置が続きました。(笑)

傷が大きく縫い合わせることが出来なかったので穴が開いたまま、朝晩・・・
表面に出来たかさぶたを剥がしてイソジンをつけ消毒しガーゼで保護するように言われました。
折角皮がかぶった物を剥がすのか?と疑問をぶつけましたが・・・どうやら
固い部分を取り去らないと傷がふさがらないとの答えでした。

くーさんのコッコの場合、腫瘍の様な物が出来ているのか判断出来ないので当てはまるかは
わからないです。鶏の毛穴のある皮の部分が無くなり中の組織が見えている状態なのかな?
我が家の雌鶏はそんな状態でした、鶏皮と下の組織の境界が分離して中の組織だけが
動く・・・怖い状態でした・・・・組織と皮の境目の中の袋状になった中の
部分も消毒を続けました。穴が開いていたのは毛穴のある皮の部分です。

くーさんコッコの場合、腫瘍の様な物なら処置の際に出血させてしまったり腫瘍の
内部を出してしまったりする可能性もあるかもなので慎重になさった方がよいかも・・・
とりあえず、固まった部分を出血させない様に取り去りイソジンの様な物で
消毒を日に2回ほどして、傷を保護してはどうでしょうか?

傷をそのままにしておくと鶏は自分でつついて傷を大きくしてしまいます。
ガーゼを貼っても取ってしまう可能性もあるので参考までに保護服の画像を添付します。

こっこ仲間のはちまきぶどうさんと言う方も我が家の後に同じような傷を作り
治療し完治した経験がHPに載っています。参考に読んでみてはいかがでしょうか?
今は更新していないようですが、2008年2月前後の記事に写真も公開しております。
  新リビングの鶏たち  で検索可能です。

ちなみに我が家では腫瘍ではなく傷が悪化したものだったので、毎日の処置を自分でして
う~ん・・・1か月半くらいかな?穴が完全になくなりました。
獣医さん曰く固い組織をそのままだと確かに傷の治りがおそいのかも?驚くほど
毎日小さく縮小していきました。

添付の療養服は手作りで作成しました。縫い物が苦手なら
Tシャツなどで形だけでも参考にし切りっぱなしでもOKだと思います。背中の部分で結ぶとか。
足の付け根が違和感ありだとストレスになります。足を入れる穴は画像の様に
穴と穴の間は1㎝程で良いかと思います。伸縮性のある生地でお願いします。
適度に伸びて足の付け根付近の違和感がないようです。

腫瘍ではなくただの傷だと良いですね、それなら治る可能性は100ぱーです。
我が家のコッコの時はかなり昔なので傷の画像を残してはいなかったので
傷の参考にはならないかもですが?傷を化膿させない様に消毒を欠かさずに
保護してあげてください。



http://blogs.yahoo.co.jp/kobu121212

 

腫瘍でしょうか?

 投稿者:くー  投稿日:2019年 4月19日(金)13時09分7秒
  お世話になります。
本日、室内で1羽飼いしているニワトリから血が垂れているのに気づき
怪我でもしたのかと探したところ
排泄口より上10cmぐらい(人間でいうと右わき腹あたり)に
直径4-5cmぐらいの円盤状に膨らんだ腫瘍のようなものから
出血しているのを発見いたしました。

近場にニワトリを見られる病院がなく、
信頼している鳥類専門病院の先生に電話で伺ったところ
平べったく根を張った腫瘍は外科手術で取ることが困難で
治療できる方法が特にない、というお答えでした。
これはこのまま見守るしか方法がないのでしょうか?
突然見つけたので狼狽しております。
この症状にお心あたりのある方がいらっしゃいましたら
今後の治療方法についてアドバイスをどうか宜しくお願いいたします。
 

シャンプーしてみました

 投稿者:柄澤  投稿日:2019年 4月19日(金)12時34分13秒
  一昨日、洗面台に湯を溜めてお尻まわりを洗ってみましたところ、大人しく気持ち良さそうにしていたので、そのまましばらく半身浴でお腹のあたりから胸の下まで揉み洗い、そのあとのタオルドライの段階でぽろぽろと落ちる大量のハジラミを確認しました。とにかく駆除スプレーをして、今日 からだを全体的に確認してみましたところ、あちこちにいたダニは見つからず、ハジラミを一匹だけ確認しました。2.3日後にもう一度チェックして駆除スプレーをする予定です。教えていただいた通り、一度の洗い流しと駆除スプレーで効果抜群でした。
こーちんさん、こぶ平さん、アドバイスを本当にありがとうございました。

たりぬままさん、ひとつ前に投稿されていたお写真の、お庭で頭の形の違うふたりの後ろ姿がなんともかわいらしいなと拝見させていただいておりました。
漂白シャンプーも初めて知りましたが、ネットでピンクやブルーに染まってる子を見かけた時はさすがに二度見しました。w  どちらも体に負担が無いなら良いんですが、、今回は水洗いだけでしたが子猫用シャンプーというのもあるのですね。次回、使ってみようと思います。知らないことばかりで、アドバイス大変ありがたいです。ありがとうございました。
 

初夏の陽気が続く

 投稿者:こーちんの庭管理人  投稿日:2019年 4月18日(木)00時23分23秒
編集済
  皆さん、こんばんは。
最高気温が20度くらいの日が続いています。
週間天気予報をみると、ずっと温暖な陽気が続きそうです。
気温20度超えでコッコのお世話をしると汗をかきますから、そろそろ衣替えですね。

昨日の午前に夏をペット病院に連れて行きました。
足指裏だから簡単に切開をしてキレイに治るだろうと予想していたのですが、投薬治療になりました。
「足指を切開しただけで大出血になって、炎症部分を削る作業で指の腱を切って不自由になる危険がある」との獣医さんのお話でした。
ぴよ助の先代、ぴよ太が受けた治療と同じで消炎剤と抗生剤、患部への塗り薬で少しずつ治す方針です。
初めてのドライブに、夏はおっかなビックリでした(笑)。
段ボール内で無言になってじっと固まっていましたよ。
診察室では、大人しくしていて良い子でした。

1枚目写真:土曜日、刻んだ白菜を食べました。
2枚目写真:日曜日、家屋裏の雑草を刈りました。刈ったドクダミなどをご馳走です。
3枚目写真:夏の折れた爪です。大出血でしたが指の怪我はありません。


■遊さん、こんばんは。
動画のグレイ君、最後の姿ですね。
片足ながら元気そうにしていたので残念でした。
1度具合を悪くしたそうですから、若さを考えると先天的に病気を抱えていたのかも知れませんね。
最後にみんなとお出かけをして楽しく遊んだの良い思い出だったと思います。

動画の雌鶏さんどうしの喧嘩を仲裁する五郎丸君が素晴らしいですね。
そして、我が家の夏とぴよ助がそうですが、ヒヨコに優しい雄鶏と厳しい雄鶏がいます。
ぴよ助は成鶏雌鶏に優しいけど、子供に厳しいです(苦笑)。


■たりぬままさん、こんばんは。
お庭にお花がたくさん咲いていて賑やかですね。
我が家はスイセンが咲いています。
椿も咲いていたかも知れません。
少し前に白木蓮が咲いていましたがもう終わりです。

たりぬままさんを取り合うゆきちゃんと琥珀ちゃんは、たりぬままさんを雄鶏と思っているのでしょうね(笑)。
若い頃のぴよ菜は、ぴよ助が自分より序列の低い雌鶏さんと交尾をしたり仲良くしていると激怒していました。
同じかも知れません。
軟卵の琥珀ちゃん、通常の硬さの卵になるといいですね。

マスク姿でコッコ達が「誰?!」という反応をするのが良く分かります。
私は靴を変えてぴよ助に怒られました(笑)。
夏季に麦わら帽子を被っても怒られましたね。
そして服装の違いを気にしません(笑)。

ナメクジは、餌箱や雄鶏小屋内に見付けたら割り箸で取り除いて踏み潰しちゃいますね。
見ていない時にも侵入しているのでしょうが、対策を取っていません。


■こぶ平さん、こんばんは。
先日のメールの件、本日のWeb更新で新ページとして病院情報を掲載しました。
病院を探している方の役に立つと良いです。

コッコの水洗いは、油脂腺からの防滴脂があって水を弾いちゃいますね(笑)。
お尻周りだけは、クチバシが届きにくいということもあって水洗い可能です。
お尻周りにトリサシダニの巣ができやすいのもクチバシが届きにくくて羽繕いできないのが理由なのでしょううね。
まあ、水洗いできなくてもノックレンや犬猫ダニ駆除スプレーが強力だから1回か2回の噴霧で全滅できるのが嬉しいです。


■柄澤さん、こんばんは。
お尻の周りだけ洗って顔周り意外にダニ駆除スプレーを噴霧すると良いです。
こぶ平さんが仰るように、トリサシダニは駆除スプレーに弱いです。
1回の噴霧でほぼ全滅させられると思いますよ。
3日か4日後にもう1回噴霧すれば、たぶん全滅です。

動画を視聴して下さっているとのことで、有難うございます。



https://www.kochins-garden.com/

 

レンタル掲示板
/384