teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:タミカ  投稿日:2020年12月 3日(木)12時27分56秒
  オニオオハシ様
初めまして、今年から鶏を飼い始めたタミカと申します。
テンの被害は大丈夫でしたか?
写真のレモンとバニラの品種が気になったので書き込みしてみました。
良ければ教えていただけると嬉しいです。
 
 

獣による被害

 投稿者:たりぬまま  投稿日:2020年12月 2日(水)00時48分49秒
編集済
  こ―ちん先生、皆様、こんばんは。
朝晩は特に冷え込むようになり、本格的な冬の到来ですね。こーちん家のコッコの
寝床も夜露がかからない屋根付きにグレードアップして、この冬はだいぶん快適に
眠れそうで良かったです。

皆様、獣の来襲に困っておられるのですね。我が家は都内の住宅地なので野良猫くらい
ですが、アメリカのにわとり仲間たちは毎日のようにイタチやアライグマ、ハクビシン、
キツネなどの獣にコッコを殺される被害に遭っています。コヨーテなんてものもいるので
アメリカの広いおうちや農場でコッコを飼うのは大変だなと思います。

そこでにわとり仲間が助言する際に口を酸っぱくして言われるのは、「チキンワイヤー
は絶対使うな」と「地面に穴を掘って侵入してくるから、ネットのスカートを敷け」と
いうことです。チキンワイヤーとは六角形の柔らかい安価なネットです。あれは獣に
たやすく広げられてしまい、破られて侵入されてしまいます。こーちん先生の雄鶏小屋
やあんずちゃんたちが暮らしていた小屋に使われていたような、ステンレス鋼材で
作られたネットでなければ、コッコは守れません。スカートというのは、ステンレス
鋼材のネットなどを鶏小屋の外周の地面に広げて埋め込むことで、穴を掘ろうとすると
獣の爪が引っかかり、穴が掘れなくなるようにするものです。また、アライグマやハク
ビシンは手先が器用なので、扉の開閉がただ引っ掛けるものだと開けられてしまうこと
があります。こーちん先生が雄鶏小屋で使っておられるように、U字型の針金やキャンプ
用のカラビナなどを通しておくことが推奨されています。

また、日本ではネットで囲った中に止まり木だけを置いている鶏小屋が多いですが、
野生の獣が出るような地域ではネットで囲った空間の中に安全な建屋を置き、夜間は
扉を閉じてロックする方が確実です。うちは庭全体を防獣ネットで覆い、夜間は建屋
というか鶏小屋にうちの子たちを入れて、その中で寝かせています。冬季には建屋の周囲
にぐるりとビニールを張って防寒もできるので、体の小さい品種や寒さに弱い烏骨鶏を
飼育しておられる方にはお勧めです。建屋(鶏小屋)の扉は必ず閉めて、カラビナなどで
ロックします。

写真を参考までにおいていきますね。一枚目がネットのスカートで、二枚目がカラビナ、
三枚目が安全な鶏小屋の仕様例です。
 

 投稿者:オニオオハシ  投稿日:2020年12月 1日(火)18時07分51秒
  少し前に鶏小屋にテンが来て、大雛のレモンと若い雄鶏のもちがやられてしまいました。生きている子も首を攻撃されていました。野生動物の対策法や、嫌がるものってありますか?(写真は一枚目の右がレモン、左がバニラです)  

病院のこと(業務連絡?)

 投稿者:おかざき  投稿日:2020年11月30日(月)22時17分5秒
編集済
  こーちん様

こんばんは

ジャッコの事、ご心配いただき有り難うございます
回復に向かっていますが、ゼイゼイ息をする事もあり、室内飼育はまだ続きそうです

病院掲載の件
病院への連絡方法が電話しかなく、先生も大変お忙しそうなのでジャッコの御礼方々、直接話しに行こうかと思います。
ただ、近所ではないので(私の都合上)時間がかかりそうです(^◇^;)

先に病院へ確認してから投稿すべきでした。

よろしくお願いします
 

噛みつき

 投稿者:moto  投稿日:2020年11月30日(月)21時57分39秒
  こんばんは。寒くなってきましたね。
先日、相談した岡崎おうはんの雌のジジは元気になりました。7月29日生まれなので、もうすぐ4ヶ月です。そして同じ日に生まれた仲良しの雄の烏骨鶏のもみがらちゃんも元気です。しかし、最近、もみがらちゃんがジジに近づくと、ジジが避けて離れていきます。理由はたぶん噛みつきです。時々もみがらちゃんがジジに乗っかって首の後ろに噛み付いていることがあるからです。ジジは大きな叫び声をあげて逃げようとします。そして、首の後ろの羽が薄くなり、皮膚が見える、いわゆるハゲになっています。皮膚も傷ついています。このような時にいったいどのように対処したらいいのでしょうか?みなさんの対応を教えて下さい。よろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:タミカ  投稿日:2020年11月30日(月)13時38分15秒
  コーチンの庭管理人さん
メールありがとうございます。
今はコーチン2羽と烏骨鶏2羽が外の小屋にいます。
小屋の中に保温してある部屋を作ってあるので眠るときは4羽くっついてその部屋で眠っています。
どちらも大体3か月目くらいですね。生まれは同じなのに体の大きさが倍以上違って品種によってこんなに差があるんだなと思いました。
実は今年の6月にもボリスの雛を2羽飼っていたんですが、1か月目くらいで外の小屋に入れていたんですが、小屋の作りが甘かったせいで一晩のうちに2羽ともいなくて何かに侵入された形跡がありました。
家は被害とか大丈夫!みたいな気のゆるみがどっかにあったんだと思います。
 

やっぱり!

 投稿者:鳥好き  投稿日:2020年11月29日(日)16時00分47秒
  やっぱり、ニワトリ泥棒いたのですね。うちの職場にいる、東南アジア系の実習生も、帰国困難な人達ばかりです。ですが、お勤めの全員で食べ物の支援物質を皆で持ち寄り、沢山の大根やジャガイモ、ニンジン玉ねぎと茄子、その他乾麺などをその他、お米とか色々あげました。東南アジア系の実習生たちから、お手紙として、「どれも新鮮な野菜です。私たちはあなたの贈り物に非常に驚きました。あなたの温かい心に感謝します。」という、嬉しい事も書かれておりました。関係ないコメントですが、皆さんの所にも、海外の技能実習生もいますか?いたとしたら、帰国困難な皆に、支援物質を贈りましたか?  

エアコン室外機の寝床棚を新築中

 投稿者:こーちんの庭管理人  投稿日:2020年11月28日(土)19時59分44秒
編集済
  皆さん、こんばんは。
新型コロナウィルスの感染者が再び増えて来ましたね。
第3波が確実の状況に「低温と低湿度の秋冬に感染拡大する」と言われていた春頃のことを思い出しました。
真夏に第2波が来たことにビックリしましたが、冬になったら酷い状況になるかもとの懸念が当たった感じですね。
例年の年末年始は大忙しで慌ただしく動きまわるものですが、今回は巣篭りするのが良いのでしょう(苦笑)。
感染拡大で流通が滞るのを恐れて、コッコ達のご飯のストック量を増やしましたよ。

我が家のコッコ達が夕方に登るエアコン室外機の寝床が手狭です(笑)。
現在、夏、モミジ、朝顔、アンズ、スモモ、カリンの6羽がギリギリ登って寝ている感じです。
今後、プラムも合流するので大きい寝床を新築しようと思っています。
雨をしのげるように屋根付きを考えています。

1枚目写真:コッコの配合飼料のストックを60Kgから120Kgに増やしました。7羽のコッコの約4ヶ月分相当です。
ちなみに、食事量が多い秋冬に、配合飼料30Kgと玄米(クズ米)15Kgの合計45Kgを1ヶ月間に食べます。
2枚目写真:我が家のコッコ達がお気に入りのエアコン室外機寝床を新築するために材木と屋根の材料を購入しました。
3枚目写真:本日、新しいエアコン室外機の寝床の製作のために材木を切り出しました。


■おかざきさん、こんばんは。
その後のジャッコちゃんは、無事に回復に向かっているでしょうか。
急病のようで、事前に病院を調べてない状況だとあたふたしちゃいますね。
飼育を始めたころの私も近所のペット病院で「犬と猫、インコくらいしか診れません」と良く断られたものです(苦笑)。

むく動物病院の情報を下記Webページに掲載させて頂いても宜しいでしょうか。
コッコを見てくれる病院の情報はとても貴重ですね。
ジャッコちゃんの完全回復をお祈りいたします。
https://www.kochins-garden.com/niwatori/Kochin_Material/hospital.html


■タミカさん、こんばんは。
9月にヒヨコを飼育し始めたということで、現在は2ヶ月半や3ヶ月目くらいでしょうか。
5月や6月から飼育を始めると、成鶏になったあとに冬を迎えられるので安心ですが、大雛だと少しだけ寒さ対策に気を使いますね。
2羽や3羽で飼育を始めたなら、身体を寄せ合って温め合うので少し安心です。
不明なことがあれば、掲示板に書き込んでください。

https://www.kochins-garden.com/

 

鶏を飼い始めました

 投稿者:タミカ  投稿日:2020年11月27日(金)12時19分53秒
  皆様初めまして。今年の9月~鶏(ひよこ)を飼い始めましたタミカと申します。
飼ったのが名古屋コーチンだったので色々調べていたらこの掲示板にたどり着けました。
ごはんや寒さ、小屋や害獣とか不安なことがたくさんありますが、大事に育てていこうと思っています。
何かあったら書き込みしますので皆様よろしくお願い致します。
 

入院、高濃度酸素室

 投稿者:おかざき  投稿日:2020年11月25日(水)23時20分14秒
編集済
  こーちん様 皆様 こんばんは

肌寒い日が多くなりました。コッコの小屋もそろそろ冬支度です。
と、思っていたら、岡崎おうはんのジャッコが「元気無い?」翌日仕事から帰って見ると羽を膨らませ口を開けゼイゼイと息苦しそう!急遽病院へ!!
病院に着くとチアノーゼ状態に陥り、酸素吸入。先生からは「お預かりします、9割難しいと思います」
それから2日半高濃度酸素室。抗生物質・消炎剤の注射、ビタミンの投与等
ジャッコも先生も頑張ってくれて、5日間の入院後やっと連れて帰って来ました。
まだゼイゼイ苦しそうにする事もあります、後は朝夕の投薬治療で様子を見ます。

まだ全快した訳じゃないけれど、1割の可能性に賭け治療して下さった先生に感謝感謝感謝です

写真は立てる様になったジャッコちゃんです
今回、あまりのショックでほぼ写真がありません(^◇^;)
 

レンタル掲示板
/442